magazine

Rendez-vous à Passy
〜パッシーでランデヴー〜

パッシー(16区)
高級住宅地16区に位置するパッシーは、セーヌ川を見下ろす高台にあるパリの山の手。庶民とはかけ離れた界隈かと思いきや、意外や意外、目と舌のこえたパッシーの人々を相手にしているからか、良質で安価。パッシー・プラザを中心に人気チェーン店が密集する一方、パティスリーやショコラティエなど、地元マダムを虜にするお店も充実。高台を下れば、ギマールのアール・ヌーボー建築、数々の映画の舞台となったビラケム橋、そしてエッフェル塔がそそりたつ。

4年の空白をうめるべく、
パッシーをかけまわって集めた情報を
「ぴえとん」にぎっしり凝縮しました!

目次

Cache-Cache à Notre-Dame de Lorette
〜 ロレットでかくれんぼ!〜

ノートルダム・ドゥ・ロレット(9区):ショッピングとお芝居の町
1990年代後半から、グルメの間でも注目されるレストランやカフェ、ビンテージやアンティーク雑貨のショップ、クリエーターのアトリエが軒を並べ、静かに人気が上昇中のカルチエ。
八百屋にパン屋、高級食材店、オーガニック店、各国のレストラン、雑貨店、本屋など、小さなカルチエにあらゆる世界が凝縮。ふと横道に入ると優雅な館が残る。
庶民的なのに、こだわりがあって、でもそれを誇示もしない。
そんなカルチエの魅力にあふれた本になりました。
カルチエの空気をそのまま感じれるように写真をカラーに!
これまでの「ぴえとん」スタイルで、ちょっぴり進化しました。
目次
[2005年10月発行]

Retour a la Butte aux Cailles
〜 ビュット・カイユへ帰る〜

Retour a la Butte aux Cailles 〜 ビュット・カイユへ帰る〜ビュット・カイユ(13区):注目の店が集まるパリの“田舎”
フランス語で「鶉が丘」を意味するカルチエは、坂道を登りきった丘の上にある。石畳の道が走り、つたが絡まった情緒ある古い家が建ち並び、平穏なパリの “田舎”といえる場所。小さなブュットー・カイユ通りは、数年前から学生やアーティストらの注目を浴び、料理の評価も高いフレンチやイタリアンのレストラン、昔ながらのクレープ屋、プロ養蜂家のハチミツ屋、かわいらしい花屋やサロンドテ、コンサートが売りのバーなど、話題の店がびっしり。夜は道にまで人があふれるほどだ。
目次
[2004年12月発行]

On connaît les Batignolles
 〜 恋するバティニョール 〜

バティニョール(17区):職人と商業の「村」的な小さな地区
ブルジョワの雰囲気もある17区の最も東の地区。多人種地区で夜の町である18区のクリシーに接しながら、いたって安全で平穏さを保つ、職人と商業の小さな地区。ある住人はここを「村」と表現していた。職人の小さなアトリエが軒を連ね、近年は注目雑貨店の出店が相次ぐ。正統派フレンチレストランが多い中、学食風イタリアン、個性派カフェなど注目店にことかかない。
1年前よりバティニョール地区のお店が共同で、オールナイトオープンを敢行するイベントを行うなど、地域の横のつながりの強さが特徴。何十年も前の、パリの一画の「村」的よさを保った地区だ。
目次
[2004年2月発行]

Magie d’Oberkampf
〜 オベルカンフの魔力〜

Magie d'Oberkampf 〜 オベルカンフの魔力〜オベルカンフ(11区):
高感度なバーがひしめき、いまやパリの最先端カルチエの一つとなった『オベルカンフ』。しかし、もともとは小さな工房が軒を連ねる職人の町だった。新しいカルチエと下町情緒が混在するこのカルチエの魅力を徹底紹介。
目次
[2003年11月発行]