新コンセプトの慈善ブティック BIS

Filed under: パリ,モード @ 2012年6月1日

新コンセプトの慈善ブティック BIS Boutique Solidaire

カトリック教会の慈善団体『スクール・カトリック』に寄せられる古着はなんと年間30万着。寄付された物品は配布、又は販売され、運営資金を作るだけでなく、失業者の雇用復帰への促進を図っている。パリには赤十字やエマウスといったブティックが見られるが、スクール・カトリックの新しいコンセプトのブティックが3月にオープンした。

セカンドハンド衣類専門店『ビス』は、立地が北マレというだけあって、界隈のブティックに負けずにオシャレな店構え。シックな深いグリーンのファサードにはロゴのネオン、と元来の救済ブティックのイメージを覆す。地階にレディース、地下にはメンズとキッズの衣類とアクセサリーが並び、ブティックに入るとにこやかにスタッフが『ボンジュール』。

アイテムはスクール・カトリックに集まった古着からセレクトされたブランド衣類をメインに品質重視。一着もののセカンドハンド衣類は一点一点、手直しが入ったり、アイロンがかけられたりと大事に扱われている。

昨夏生まれた、このビスのプロジェクトはローカルからローカル、とパリ市内で収集、修復、販売が成り立つ構造の確立をめざしている。今年1月には、収集や修復を行うビスのアトリエを構え、運転手、仕分け及び販売員などと16名の雇用を生みだした。3年目までにブティックの収入源から50名の雇用創出が目標だ。

ビンテージのリーバイスが15ユーロと価格は安いとは言えないが、セレクトされているだけあって、品質の状態が良い。カットのデザインが素敵なコートなど、きらりと光る掘り出し物が見つかるので、頻繁に足を運びたいブティックだ。

BIS Boutique Solidaire

7 boulevard du Temple 75003 Paris
Tel : + 33 (0)1 44 78 11 08
営業時間: 火〜土 10:00〜19:00
メトロ : 8番線 Filles du Calvaire
http://www.bisboutiquesolidaire.fr/

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment