パリで本格ハンバーガー

Filed under: パリ,レストラン @ 2012年4月4日

le camion qui fume [ル・カミオン・キ・フーム]

フランスにもハンバーガー文明はしっかり根を張り、最近では片田舎にもマクドナルドやベルギー発のクイックなどのファーストフードが見られる。一昔前は、フランス文化を尊重し、アメリカン・カルチャー反対と言われたフランス人も1ユーロバーガーや時代の流れに押され気味!?

とはいえ、ファーストフードのハンバーガーがおいしいかと言うと、時々無性に食べたくなるが、食べた後はもうこれが最後だと思う。セットで購入すると10ユーロはする割に、ハンバーガーのおいしさというものは未無!?

じゃ、うちでおいしいハンバーガーをと思っても、バンズが手に入るのはパン屋ではなく、スーパー。乾燥した美味しさのないパンじゃ、美味しいハンバーガーは難しい。

では、本当のハンバーガーのおいしさとは?
昨年末からパリ市で話題になっているのは、煙るトラックこと『ル・カミオン・キ・フーム』。パリに料理の勉強に来た、カリフォルニア出身のクリスティーヌのトラックの移動レストランだ。本場アメリカのレシピにパン屋で特製に作ってもらうと言うバーンズ。自家製ひき肉に本物チェーダー、そして手作りフライドフライ!ハンバーガーの種類もクラシックからベジタリアンと様々。そしてお値段はフライドフライのセットで10ユーロ。バーガーだけなら8ユーロでコールスローやチーズケーキも。

ポルト・マイヨ、マドレーヌ広場、そしてポワン・エフェメールに出現するこの移動レストラン。売り切れごめんの上に、交通渋滞で到着が遅れることもあり、年末から食べたいと思いながら、空振りばかり…。それでも、気になる本格ハンバーガー。
皆さん、是非チャレンジしてみて下さい!

le camion qui fume [ル・カミオン・キ・フーム]


出現場所 : PORTE MAILLOT,Place de la Madeleine Madeleine, Point Ephémère
日程はサイトで要チェック!
http://www.lecamionquifume.com/

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment